≪営業対応エリア≫

さいたま市岩槻区,見沼区,緑区,南区,浦和区,桜区,西区,北区,中央区,春日部市,越谷市,宮代町,白岡町,蓮田市,伊奈町,上尾市等

上記以外のエリアも対応いたします。

譲渡所得特例の上手な使い方

譲渡所得には数々の特例があり適用を間違えると多額の税負担が発生することがあります。どの特例を使うかよく検討してみましょう。例えば、土地の交換でいえば所得税法の特例、租税特別措置法の特例(交換、買換え特例等)などがあります。また、特例適用後の税金に影響が出たりします。ご相談ください。

1.土地の交換特例

土地を有効活用したい場合などの時有効(所得税)

2.交換分合の特例

所得税の特例に該当しない場合等でも該当することもあります。

3.事業用資産の買い替え特例(交換特例)

事業内容等でいくつかの組み合わせがあり該当すれば節税になる。但し、翌年以降の税金に注意が必要。

4.収用特例(代替、特別控除)

事業内容により代替え資産や特別控除額が違います。翌年以降の税金にも注意が必要です。

5.住宅の買い替え、特別控除

買換特例と特別控除の両方が利用可能の場合、税額や将来も考えて適用します。

6.優良宅地の造成のための譲渡の特例

税額が少し安くなります。色々な造成事業があります。

7.中高層耐火建築物等の建設のための買換え、交換

自宅をマンション等の中高層の建物に建て替えたりする時有効です。

8.公益法人等への資産の寄付(非課税特例)

公益法人等への不動産の寄付手続き(非課税扱いにするためには申請が必要となります。)

譲渡所得特例の上手な使い方